50-1
50-1

広葉樹見本帳「森の響」

岐阜県南飛騨地方で見られる、広葉樹40種類のサンプル板です。すべて弊社に入荷したものを乾燥、製材しました。1枚1枚に樹種、葉形のイラストがレーザー加工されています。また、プリントされたQRコードを読み込むとその樹木の解説を見ることができます。
ハリエンジュの黄色、ナツツバキの赤、ホオの緑など、カラフルな色や肌触りをお楽しみください。
教材やインテリアとしてもお使いいただけます。

ふるさとチョイス

株式会社 金山チップセンター
今日まで日本においては、木の枝葉や樹皮などの大半が廃棄物、材木(幹)の部分も質的に劣る部位は切り取られ、かなりの量が木くずとなっており、総体的には、森林に立っている状態の木の約10%しか木材として利用されていないと言われています。また、長い間人間の役に立っていた材料としての木もその後解体され、再利用されることなく焼却されていました。森林、とりわけ樹木はCO2の固定装置及び貯蔵庫として地球温暖化防止に大きな役割を担っています。(成熟した森林の炭素収支はほぼ0ですが、若い森林は炭素吸収固定量が非常に大きいと言われています。)その炭素貯蔵庫の90%を私たちは再び大気中に放出し続けていたことになります。 私たちの目標は「ゼロエミッション」。残り90%も含め、せっかく成長してくれた樹木全てを焼却せず資源として利用します。
所在地〒509-1603  下呂市金山町岩瀬1326-6
連絡先電話番号0576-35-2600
ホームページhttp://www.kanayama-chip.com/
Facebook
Twitter
Instagram
詳細を見る